aboutus

​身近な学食から一歩ずつ。

大阪大学豊中キャンパス カフェテリアかさねでは
1日で約133が廃棄されています。
                    

私たち「阪大Food Action」は

2020年秋に大阪大学Innovators’clubが​主催するi-Squad に採択され

学食の食品ロスを減らす取り組みを始めました。

 

まずは手の届く阪大の学食からこの問題に対処していき、

最終的には全国の学食でロスを削減できるよう、取り組みを拡大していくつもりです。

まだまだ新しい団体のため、先生方や生協の方々、

他大学の教授や食品ロスを専門に扱う企業の方々からの助言を頂きながら、

団員同士話し合って試行錯誤を続けています。

​どれ程の食べ物が捨てられているの?

​〜日本はアジアでワースト1位!?〜

​食

​ス

​ロ

​品

ってなに?

日本で約612万トン/年
世界で約
13億トン/年
の食べ物が捨てられています。
※1

…ん?結局それってどれくらいなん?

日本について、もうちょっとわかりやすく言うと
東京ドームパンパンに食べ物を詰める作業を年5回繰り返す量になります。

東京ドーム??そんな作業したことないからわからん…!!

もっともっと身近に言うと、
日本国民全員が、毎日
おにぎり一個ゴミ箱に捨てるという行為を一年間続けた結果の量です。
家族も、高校の同級生も、バイト先の人も、梅田に溢れかえる人も

全員が、毎日、です。
​めちゃくちゃもったいないですよね。
日本人の一人当たりの年間食品廃棄物量は世界で
第6位、アジアではワースト1位らしいです。
※2

でもこれを聞いた時、私は思いました。

え?私毎日そんなご飯捨ててないし。

そうなんです。日本における食品廃棄の半分以上(55%)は
家庭
以外の食品関連事業者から出ています。
※3
スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど小売店での売れ残りや返品、
飲食店での食べ残し、売り物にならない規格外品…
もちろん、
阪大の学食もここに含まれます。


​※1 出典/農林水産省・環境省調べ、FAO、総務省人口推計(2017年)
※2 出典/農林水産省『事業系及び家庭系の食品廃棄物発生量、再生利用量の主要国比較』
※3 参考/農林水産省及び環境省の統計資料を基に、 農林水産省にて試算

なんで削減が必要なの?もったいないから?

​〜阪大から世界を救う?〜

現在、世界の約9人に1人が栄養不足で苦しんでいます。
その一方で、高所得国では大量の食べ物が毎日捨てられています。

廃棄された食べ物のうち、
約20%は本来まだ食べられるものです。
そしてその量は世界で飢餓に苦しむ人への食料援助量の
約2倍もあります。※3

2050年には人口が今より20億人も増えて
約97億人にのぼるとみられています。
必要以上に恵まれた私たちが
食べ物を捨て続ける今の状況が続けば、
栄養不足で苦しむ人がますます増え、飢餓に拍車がかかることが予測されます。※4

また、日本の食料自給率は約38%とかなり低い水準です。
食べ物の輸入にはたくさんのガソリンを使います。
しかし輸入した食べ物の一部は焼却され、二酸化炭素を排出。
焼却後の灰の埋め立ても、環境負荷につながります。

つまり、食品ロスは「飢餓人口の拡大」と「環境への負担」という
2つの問題点を抱えているのです。

一人一人が食品ロスを意識し、

「いつでも、何でも、好きなだけ食べれるって本当に良いこと?
と気付けたら、
​それが集まり大きな力となって

世界を救えるって訳なんです。

まずは学食における食品ロスがなくなって…
何十年もその仕組みが続いて…

最初は小さな一歩からですが、
​食品ロスがない世界を作っていきたいと考えています。


※3 gooddo「食品ロスの問題とは?世界や日本の現状、行われている取り組みとは」
※4 消費者庁消費者政策課「食品ロス削減関係参考資料」